北海道弁講座2……なぜ?過去形に?

サラリーマン時代、転勤してくる人が不思議に思っていたことが【なぜ過去形になる?】でした。ので、それもちょっとご紹介してみようかしら。
北海道弁というのかなあ、話し方の特徴として【過去形】があります。
では、会社でのやり取りを再現。
【シーン1】電話でのやり取り
「はい、◯◯出版です」
「あ、◯◯印刷の××でした〜、いつもお世話になっております」
「はい、いつもお世話になっております」
「△△部長、いらっしゃいましたか?
「はい、おります。少々お待ちください」

【シーン2】夕方、帰宅する人もちらほらの会社の受付付近にて。
「あれ、今日はもう帰れるの?」
「うん、意外と早く終わったからサ〜、したっけね〜」
「はーい、お疲れさまでした〜」
そこへ宅急便のお兄ちゃんが入ってくる。
「まいどさまでした〜」
「あ、毎度様です」
「今日、集荷するものありましたか〜」
「今日はないようですね」
「よろしかったですか〜、では〜」

とまあ、こんな感じ。

上司によると北海道のサラリーマンが白い靴下をはいているのも驚いたそうだ。
<へえと思ったら一票、ご協力を>

Life is beautiful!Life is wonderful! byc0052630_15375963.jpg

★気に入っていただけたら★★こちらもポチッと押してくださると★
★ちとうれしかったりして★ぽちっとな ★
ココをポチッとな

by maltsmam | 2005-05-14 15:33 | ◎北海道弁講座
<< 北海道弁講座3……複数形 笑い話と言えば……5   ほぼ... >>