姑獲鳥の夏  だわなあ

c0052630_21511269.jpg誕生日も無事に?過ぎ、また新しい一年が始まる。私は自分が生まれた季節が大好きだ。暑ければ暑いほど、うれしい。家の中になんか、いたくない!が、しかし……霧多布から戻ってからは1日中、机に向かい、原稿を書いていた。取材のない日は1日17時間机に向かっていた。電話取材をしたり、ネットで調べ物をしたり……。やっと金曜日の午後、大方が片付いたので夕方から映画を見に行こうと決心。京極夏彦の姑獲鳥の夏が公開されているので、それを見にいかなくてはならない。そう、これは義務。京極ファンとしては見に行き、そこでまた意見を交換し合わなくてはならないのだ。6時40分のチケットを事前に購入し、タリーズでコーヒー&サンドイッチで遅い昼ご飯。しばしスケジュールを整理したり、手帳に雑感を書き留める。ああ、この時間、この時間が欲しかった!外をぼんやり見ながら行き交う車をなんとはなしに数えてみる。肩の力が抜けた感じが心地いい。外の気温はまだ25度。開演までの40分、居眠りをしてしまいそうな気持ちいい時間。

ビアガーデンにもいきたいなあ。

<よかったねと思ったらランキングへ1票>

Life is beautiful!Life is wonderful! byc0052630_15375963.jpg

★気に入っていただけたら★★こちらもポチッと押してくださると★
★ちとうれしかったりして★ぽちっとな ★
ココをポチッとな





ま、あれを映画化するのは難しいという事で。舞台の方がぴったり収まるのかもしれませんね。役者さんも通好みが揃っていたのだと思うけど、関口君の奥さんが篠原涼子なのだけは解せない。
榎さんもテンション低すぎ。京極堂が所々で金田一さんのように頭ぼさぼさになっているのも違うと思う。なにより古本屋のレイアウトが違う。あの看板、ずいぶん立派で驚いちゃうけど、どうやら本人の書いたものらしい。某公共放送に出演していたとき、あんなにでかく使われるとは思っていなかったとの談。なるほど、でかかった。うん、京極作品はムービーより舞台向きだな。
by maltsmam | 2005-08-01 22:22 | ◎今日のわたし
<< お誕生日御礼&近況報告 タダでは働きませんから〜 >>