ポロト案内舎にて-1- 静けさがわかる大人のためのB&B

c0052630_1223615.jpgc0052630_121571.jpg田舎暮らしの本の取材兼宿泊したのは、霧多布湿原から車で15分、東側に広がるポロト沼畔のポロト案内舎。一日一組限定のお宿です。部屋はツインが二部屋なので4〜5名までOK。テレビもないし携帯電話も圏外(玄関を出るとつながるポイントありますが…)、そのかわり思いっきりの【静けさ】があります。
c0052630_12192314.jpg大きな吹き抜けが印象的なメインダイニングには、ポロト沼に面した大きく窓が取られ、晴れた日には対岸に営巣するタンチョウの姿も確認できるほど。窓辺に置かれた双眼鏡を使って野鳥観察ができます。私たちは翌朝、オジロワシとタンチョウが確認できました。
c0052630_124248.jpg釧路から根室などの太平洋岸は夏、霧が多いことでも有名。そのかわり冬は晴れ渡り、素晴らしい青空が広がります。私は冬の湿原が好きです。チロチロ揺らめく暖炉の前で、のんびりしたいものです。そんな日はきっと夜空は満点の星。その多さにびっくりすることでしょう。
c0052630_1220499.jpgc0052630_12201581.jpg部屋の前には素敵なプレート。湿原を代表する花、エゾカンゾウと霧多布の鳥、エトピリカです。エトピリカはウミスズメ科でアイヌ語で「美しい嘴」という意味の鳥。絶滅危惧種です。
c0052630_12212791.jpg部屋にはトイレと洗面台、シャワーブースが完備。バスタオルなどのアメニティも揃っています。サウナ、お風呂のためのガウンも用意されており、失礼ながらちょっとびっくりするほど考えられていました。もちろん部屋からもポロト沼を一望です。
c0052630_12231228.jpgc0052630_12232587.jpgお風呂はオーナーこだわりの五右衛門風呂。かくいう私、五右衛門風呂は初めて。隣には薪で炊くサウナも。これがまた気持ちいい!思い切り汗をかいたら湿原の風に吹かれ、身体を休めるのです。
c0052630_12251692.jpgc0052630_12244668.jpgオーナーはネイチャーツアーガイド。前職が日本野鳥の会ということもあり鳥の話は面白いですよ。ぜひガイドもお願いするといいと思います。はあ、楽しかった。人と知り合うっていいなあ……。

ポロト沼は鮭の上る川なのだそうで、水深が浅いこともあり、オンシーズンには銀輪翻す鮭も見られるとか!
ポロト案内舎
北海道厚岸郡浜中町幌戸35
TEL/FAX 0153-64-2528

<人気ブログランキングへ一票>

Life is beautiful!Life is wonderful! byc0052630_15375963.jpg

★気に入っていただけたら★★こちらもポチッと押してくださると★
★ちとうれしかったりして★ぽちっとな ★
ココをポチッとな

by maltsmam | 2005-09-12 12:00 | ◎北海道めぐり with Dog
<< ポロト案内舎-2-  朝の食卓... 選挙速報!岐阜一区?北海道一区? >>