ポロト案内舎-2-  朝の食卓、朝の風景

c0052630_1494217.jpgポロト案内舎は普段、オーナーが一人で切り盛りしているお宿。だからB&B。奥様は釧路市内で単身赴任なのです。というわけで夕食は霧多布のマチの中で食べるもよし。お宿に頼むのもよし。飲み物の持ち込みもOK。あ、でも近くにお店はありません。あらかじめ購入してくるのがいいでしょう。夜8時を過ぎると開いているお店も見つかりません。私たちは食事のあと、ビールを探して30分以上、彷徨いました(笑)。
で、翌朝は霧にけぶるポロト沼散策を終えたあと、焼きたてパンの香りに誘われてメインダイニングで朝ご飯。スクランブルエッグ&ベーコン&フルーツ。ヨーグルトに蜂蜜をタラーリとかけて。コーヒーをいただいてほっと一息。
c0052630_145921.jpgc0052630_1462389.jpgこのあと仕事をするなんて考えられないわ〜。
いや、もちろんちゃーんと仕事したけど。

c0052630_14105180.jpg外のデッキには沼を眺めながらのんびりできるようにと、チェアを用意。夜、サウナの後、ガウンをはおり、しばし休憩……。外灯も何もないのでランプの明かりのなか、心と身体を休めます。
c0052630_14101828.jpg霧に隠れたままのポロト沼。陸地が狭くなっている部分が鮭を捕る捕獲場。その近くの電柱の上にオジロワシがずっと30分以上、止まっていました。何か獲物を探していたのでしょうねえ。
c0052630_14123355.jpgポロト案内舎の看板犬?【シロ】。ラブラドールレトリバーの男の子。まだ2歳足らずのやんちゃ小僧。お客さんがうれしいのか頭突きで歓迎されました(笑)。日中は屋外のとっても広い犬舎でゴロリ。夜になるとご主人様と一緒にお家の中へ。
c0052630_14114467.jpgc0052630_14125480.jpgといっても宿部分は出入り禁止らしく、自邸部分のみです。この表情を見ただけでやる気マンマン。【遊ぶ?遊ぶ?遊ぶ?】って言っている、犬の気持ちがよく伝わってくるでしょ。
冬には完全結氷するポロト沼。御御渡りも見られるそうで。
凍り付いたらスノーシューか歩くスキーで湿原の奥までお散歩?に行くのだそうです。
犬に牽かれてラクチンらしいですよ。


ポロト案内舎
北海道厚岸郡浜中町幌戸35
TEL/FAX 0153-64-2528

<人気ブログランキングへ一票>

Life is beautiful!Life is wonderful! byc0052630_15375963.jpg

★気に入っていただけたら★★こちらもポチッと押してくださると★
★ちとうれしかったりして★ぽちっとな ★
ココをポチッとな

by maltsmam | 2005-09-12 12:01 | ◎北海道めぐり with Dog
<< ポロト案内舎-3-  夜の帳が... ポロト案内舎にて-1- 静けさ... >>