遙かなるローズピーク・カリマンタンひとり旅 1

c0052630_17364551.jpg 愛読誌だったSINRAの企画ツアーに参加したのはいまから約8年前のこと。世界最大の島・カリマンタン(ボルネオ島)のエコツアーに、ジャングルの猿やオラウータンに会いたくて一人で参加した。いまから考えると何とも無謀なのだが、東アジア最高峰・標高4095mのキナバル山を登ることに。ガイドブックには初心者でも大丈夫と書いてあったのだ。用具はひと通りキャンプ道具で代用できる。結果、「良し!」ということになりまして……。登山口近くのホテルに前泊し、早朝から3000m地点の山小屋を目指す。この山小屋に泊まり、頂上で御来光を拝む予定だった。




c0052630_1741134.jpgキナバル登山には必ず現地ガイドを頼まなくてはいけない。ツアー仲間4人1組でガイドを頼み、歩き始めて約30分。すでにわたしは後悔していた。だってスコール後のヌルヌル山道を、リュックを背負って5時間以上も登るんだよ。ジツはワタクシ、その時点で山登りは藻岩山が最高。無謀なんてモノじゃなかったんです。ポッケの中に忍ばせていた小梅ちゃんはその袋がはち切れそうに膨らんでいた。反対にすっかりココロは萎んでしまい、まさに人生最大のピンチ。いつもモロモロを「まあ、いっか。なんとかなる」で乗り切っていた自分を呪いながら、要所要所に設けられた四阿をひとつずつクリアするのが精一杯。山小屋は本当に、本当に雲の彼方だった。*次号に続く。たぶん明日あたり。
以前、発表した文章の再掲載です。同じツアーに参加していた人たち、いまなにをしているかなあ〜。SINRAもないし……

<ホウ!と思ったら一票、ご協力を>

Life is beautiful!Life is wonderful! byc0052630_15375963.jpg

★気に入っていただけたら★★こちらもポチッと押してくださると★
★ちとうれしかったりして★ぽちっとな ★
ココをポチッとな

by maltsmam | 2005-03-02 17:50 | ◎ボルネオ島にて
<< やってしまった。無銭飲食? 土足ですいません >>