2005年 08月 19日 ( 3 )

すごいぜ、駒大苫小牧!

出張先の釧路のホテルで準決勝をみている。
逆転に次ぐ逆転。
駒大苫小牧、決勝進出!
泣けてくるよ。泣けちゃうよ。
もう!ほんとに!
2年連続、決勝なんて望んでいなかったのに。
優勝旗を返しにいけるだけでもすごいと思っていた。
でも、ほんと、すごすぎ。
鳥肌が立ってしまいました。
おめでとう!

次は優勝だ!
by maltsmam | 2005-08-19 16:37 | ◎今日のわたし

今日と明日は釧路&厚岸へまたまた行くよ

金曜と土曜はまたまた取材で道東へ。
厚岸で牡蠣漁を取材してきます。

うふふ。ゴックリ。喉が鳴る〜。

でもまたまた天気はあいにくの空模様。
わたしって本当に雨女のようで……。

なので、今回はとても行きたかったお寿司屋さんへ寄ります。
うれしいな。

帰宅は土曜日の夜(の予定)。
で、日曜も取材なので、またまた留守にします。

明日は駒大苫小牧の試合なんだけど……。
見られそうもありません。
がんばって〜。

というわけで、おやすみなさい。



<取材も大変という方はポチッと一票>

Life is beautiful!Life is wonderful! byc0052630_15375963.jpg

★気に入っていただけたら★★こちらもポチッと押してくださると★
★ちとうれしかったりして★ぽちっとな ★
ココをポチッとな


by maltsmam | 2005-08-19 00:27 | ◆取材日誌◆

共和町de個人初のナチュラルチーズ工房訪問@クレイル

c0052630_18563053.jpgこちらも取材でお世話になった【クレイル】さん。カマンベールであまりにも有名なので何を今更かもしれませんが、日本ではおそらく個人初のナチュラルチーズ工房でしょう。チーズの話は本が出るまで書けませんが、記事にしなかったことを紹介しましょ。
この工房は1975年(昭和50年)に創業したのですが、昭和54年、あの開高健氏が友人からもらったクレイルのカマンベールに感動。なんとハガキを寄せていたのです。
健啖家で知られる開高氏はハガキにこう認めていました。

以下転載

【私は一人の小説家にすぎませんが、たまたま友人の一人にあなたのチーズをもらい、
感嘆しました。みごとな出来です。
ずいぶんいろいろな国でいろいろのチーズを食べてきましたが、これは抜群です
好みによってはもう一味か半味、こくが欲しいという人もあるでしょう。
しかしそうなると日本人向きではなくなるかもしれません。
今のままの上品さ、軽快さ、澄明をしばらくつづけられるのがいいでしょう。
いずれこのチーズはヒットするし、有名になることでしょう。
しかし、そうなっても頑強不屈に味を守りぬいてください。志を守りぬいてください。
西村公裕様                      開高 健】

そしてそのとおり、クレイルのチーズは有名になり、その後多くのチーズ工房が誕生、国産のナチュラルチーズが製造されるようになりました。
今は息子さんがその味を守ろうと取り組んでいます。

c0052630_1857346.jpgc0052630_18583123.jpgc0052630_1858546.jpgc0052630_18582137.jpg

◆ノルマンディーチーズ クレイル◆ 共和町老古美(オイコミ)320-3
☎0135-62-7457
取り寄せ可
営/9:00〜18:00
 休/無

<興味を持った方はぜひ一票>

Life is beautiful!Life is wonderful! byc0052630_15375963.jpg

★気に入っていただけたら★★こちらもポチッと押してくださると★
★ちとうれしかったりして★ぽちっとな ★
ココをポチッとな



息子さんはスマップの中居君に顔も声もそっくりでした。
by maltsmam | 2005-08-19 00:10 | ◎ごちそうさまin北海道