北海道弁講座……7 ちょす

これもまだまだ健在(で、あろう)北海道弁。年配の方の使用率高そう……。【ちょす】というのは【さわる、いじる】のこと。子供の頃、よく怒られました。【ちょすんでない】って。今度甥っ子たちが来たら使ってみよう!

【シーン1】目にプチっとものもらい(結膜炎などのこと)ができたとき。
少女A:「いやあ、こんなとこにものもらい、できちゃった〜。気になるウ〜」
少女B:「あ、ホントだあ。あんまりちょすと、ひどくなるよ」

【シーン2】言葉がわかりかけた子供と遊ぶお父さん。ちょっと応用編。
父:「お父さんと同じこと言うんだぞ〜、いいか?」
子供:「ん……」
父:「東京特許許可局東京特許許可局東京特許許可局東京特許許可局」
子供:「……ビエエエーーー(言えずに泣き出す)」
母:「あ〜〜にやってんのよ。そうやってちょしては泣かせるんだかから〜」

とまあ、こんな感じ。からかう意味でも使われます。

<へえと思ったら一票、ご協力を>

Life is beautiful!Life is wonderful! byc0052630_15375963.jpg

★気に入っていただけたら★★こちらもポチッと押してくださると★
★ちとうれしかったりして★ぽちっとな ★
ココをポチッとな

by maltsmam | 2005-06-08 08:07 | ◎北海道弁講座
<< 自作自演CMに詩を付けてみたりして 人生の中で読める本の数は? >>